きせ紀美子の政策

きせ紀美子 の問題提起「もったいない。琵琶湖の見えない大津」

きせ紀美子 5つの基本政策

1.生活者本位の市政を実行します。

市民のニーズを的確にとらえ、大津市民の満足度を上げます。そして、市民参加の市政と生活者本位の視点に立った政策を実行し、「安心して暮らせるまちづくり」を実現します。

2.市民型公共事業で雇用創出と地域社会の再生をはかります。

大型公共事業を見直し、市民と密着した市民型公共事業とし、ハード優先をソフト優先に変えます。雇用創出をはかるとともに、コミュニティビジネスの推進など、地域社会の活性化・再生に取り組みます。

3.女性、若者、高齢者、障がい者の就業をサポートします。

女性の就業を支援し、家庭・育児と仕事が両立できる環境を整備します。女性の地位向上のため、男女共同参画を推進します。若者の就業と起業等を支援し、将来に夢がもてる雇用をつくりだします。高齢者や障がい者が安心して生活できる環境の整備、社会とのつながりが持てる活動を推進します。

4.大津市を「未来への展望を持って責任をはたす市政へ」変えます。

人口、税収等が減少する「ゼロ成長時代」に対応できる、未来を見据えた行財政改革と市役所組織の改革を行います。民間に比べコスト意識が低いと指摘される職員の意識改革を進め、市民のニーズに立脚した効率的で効果的な行財政運営の確立に努めます。

5.大津市を日本一の住みやすいまちにします。

琵琶湖と豊かな自然環境、景観を保全し、循環型社会の構築をすすめます。中心市街地の活性化と児童公園や緑地の整備を進めます。学校規模の適正化を検討し、教育効果と教育環境の確保に努めます。また、犯罪災害に強い、安全で安心して住めるまちをつくります。

大津市には、琵琶湖を中心とした豊かな自然の恵みと、永い歴史があります。この素晴らしい大津市を、次の子どもたちに引き継ぎます。

マニフェスト

マニフェストがダウンロードできます。

マニフェストがダウンロードできます
PDF形式、A4(260KB、22ページ)